競合他社に勝つために!やらない勇気で図る差別化

競合他社に勝つために!やらない勇気で図る差別化

大手や既存メーカーなど競合が多く、昨今の住宅業界は大変厳しい時代です。

お客様が来ない!と嘆いているあなた。

競合他社に、お客様をとられてしまった!と落ち込んでいるあなた。

少し視点を変えてみませんか?

お客さんが来ない・競合が多いこの時代だからこそ、ライバルと競合しない方法を考えなければいけません。

他社と同じでは比較されて儲かりません!

『他社とは逆の売り方で差別化を図る』

それこそが、これからの住宅業界で生き残るための鍵となります。

競合他社に勝ちに行く!10の法則

no-select

競合他社が高級化・過剰サービスに走るのなら、JCCAでは逆にそれらのことをやらない!という決断をしました。

高級素材を使いつつローコストに取り組んでいる飲食店や町医者など、異業種の経営方法を見習ったのです。

そしてそこから、分かった事。

それは、異業種では当たり前にやっていない事が、住宅業界では当たり前にやっているという事です。

それではJCCAがやらない!と決めた、仰天の10の法則をお教えします。

徹底してやらない差別化!10の法則

  1. 提案はしません
  2. 必要最低限のサービスしかしません
  3. 訪問はしません
  4. 性格の悪そうな人には売りません
  5. 金持ちや、こだわり客には売りません
  6. 選ばせません
  7. 比較させません
  8. 商品以外のものを売りません
  9. 頼むお客さんは断りません
  10. セールスに関係のないことは一切しません

やらない差別化!で得られる効果

上記の10項目、きっとやっておられる方が多いのではないでしょうか?

JCCAでは、これら10項目は、一切やりません

「こんな方法で、本当に売れるの?」

「余計、お客様が来ないのでは?」

「顧客満足度が低くなるんじゃ?」

こんな風に思われてる方もいらっしゃると思います。

ですが、こんなにやらない事が多いJCCAのシステムで、実際に社長1人のみの営業で年間30棟の契約をとっています。

それも平均3回の面談で、です。

また、意外に思われるかもしれませんが、顧客満足度も大変高いのです。

大手ハウスメーカーはマネできない!徹底してやる7つの法則

yes-select

「競合他社に勝ちに行く!10の法則」で説明した通り、JCCAでは住宅業界で当たり前のことを徹底してやらない!と決めました。

提案しない・売り込まない・訪問しない・セールス以外の事はしない…。

ですが、上記のことをただやらないばかりでは、お客様は本当に来ません

お客さまに来店頂く、我が社を選んでもらうには、お客さまにとって本当にニーズの高いもの・価値あるものを提供しなければいけません。

実は10のやらないことを決めた代わりに、JCCAでは徹底してやっている事があるんです。

JCCAで徹底してやっている7つの事を、こっそりお教えします。

徹底してやる差別化!7つの法則

  1. 高級自然素材住宅の合理化6項目を徹底して取り入れる
  2. 不要な工法、材料は一切使用しない
  3. ターゲットを絞り込んだローコスト住宅に集中
  4. 普及品を使ってコストダウン
  5. 誰でもわかるニーズの高いものを標準とする
  6. 本体価格を安くし、誰でも買える商品を開発
  7. 異業種と同じように建物プランを規格化

徹底してやる差別化!で得られる効果

JCCAではこれら7項目を重要視して、商品開発に力を注いできました。

カーテン・照明・エアコン・収納など、生活する上で必要なものはオプションではなく標準装備にしています。

 

ロフトは、子どもの遊び心をくすぐります。

小屋裏は、ご主人の書斎や収納などに最適で、お客さまにもご好評です。

また、自然素材をやっている工務店の中には1階だけが塗り壁、など中途半端な所が多いですが、JCCAの商品は全室塗り壁が標準装備です。

また、天然木を使用しているので、ナチュラルな高級感もあります。

レジャー用品、タイヤ、自転車、趣味用具の収納に利用できる地下室はオプション装備ですが、本体価格が安いため特にこちらから売り込まなくても、お客様から追加の要望が多々あります。

 

ですが、通常のメーカーがここまでの装備を行うと非常に高額になり、富裕層にしか買えない商品となってしまいます。

しかしJCCAでは徹底した合理化を行い、ターゲット客を絞り込んだ自然素材住宅なのに本体価格の安い商品(=ローコスト)で販売することに成功しました。

お客さまにとって本当にニーズの高いもの、価値あるものを提供すれば、長々と説明しなくても選ばれる。

JCCAではそんなシステムづくりに成功したのです。

まとめ 顧客満足度の高いローコスト住宅という差別化

cost-reduction

やらない事と、徹底してやる事を決めると、お客様にとって、一目で特徴が分かるわかりやすく魅力ある商品が出来ます。

そうして、JCCAでは顧客満足度の高い「自然素材のローコスト住宅」という差別化に成功しました。

その他にも、カーテン・照明・エアコン・収納、ロフト、小屋裏、塗り壁、天然木、地下室、ソーラー…等々。

列挙しだせばきりがないのですが、お客様が一目みただけで競合他社との違いを実感していただける。

そんな商品となっています。

 

JCCAのセミナーでは、その他具体的なノウハウや、裏付けとなる根拠などを余すところなくお伝えしています。

また、みなさんが疑問に思っておられる事にも、胸襟を開いてお答えしています。

 

JCCA(日本合理化住宅協会)体験セミナーのご案内

住宅業界の常識を覆す、新たな戦略と提案!
現代版ローコスト住宅だから出来たこと!

もうこの時代、新築物件なんて、売れない?
そう思っているのは、あなたが本当の現代版ローコスト住宅を知らないからかも知れません!