引きこもり営業のきっかけ/家族のあり方と早朝出勤

引きこもり営業のきっかけ

今日も定時に仕事が終わりました。

これもJCCAでおこなっている高確率セールスと商品郡のなせるわざです。

JCCAの合理化システムで可能になった引きこもり営業

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2
私は数年前から引きこもり営業に徹しています。

引きこもり営業とは、朝会社に入ってから仕事が終わるまで会社からほとんど1歩も出ないと言う営業方法です。

基本的にお客様には会社に来店いただきます。

仕様の打ち合わせや、その他の手続きなどまで本当に全てお客様に来店いただいているんです。

この営業方法は、1人でどれだけのわができるかに挑戦しようと試みたことが発端になっています。

引きこもり営業のきっかけは家族のあり方

きっかけは今から5年位前。

いつものように朝起きて出勤、仕事が終わり帰ってきたら10時11時になっている毎日。

その頃、私の子供は長男が小学校4年生、次男坊は小学校2年生、三男坊が保育園の年少組でした。

仕事から帰っても子供たちはいつも寝ているためあまりコミニケーションをとることができない。

そんな毎日が続く中で、私のメンターの方からこんな勧めがありました。

早朝出勤に切り替えたら?」

早朝出勤に切り替えた結果とメリット

%e5%ae%b6%e6%97%8fアドバイス通り早朝出勤に切り替えた今では、社員が帰る同じ時間の定時18時には仕事が終わり、子供ともお風呂に入れるようになりました。

現在は下の息子が小学校2年生なので、小学生の内ぐらいは息子と風呂に入りたいな、と思っています。

また、以前はかなわなかった、晩御飯も家族で一緒にとることができるようになりました。

家族で過ごす時間は幸せいっぱいで、明日も元気に頑張ろう!という活力が沸いてきます。

アドバイス通り早朝出勤にすることで他にも様々なメリットがあったのですが、これはまたの機会にお伝えしたいと思います。

まとめ

今現在引きこもり営業が可能になっているのは、早朝出勤という時間の使い方改革をおこなったことが大きなきっかけです。

他にもさまざまな改革をおこなっているのですが、少しずつその秘密も話していけたらと思っているのでお楽しみに。

JCCA(日本合理化住宅協会)体験セミナーのご案内

住宅業界の常識を覆す、新たな戦略と提案!
現代版ローコスト住宅だから出来たこと!

もうこの時代、新築物件なんて、売れない?
そう思っているのは、あなたが本当の現代版ローコスト住宅を知らないからかも知れません!