工務店経営成功のカギは、お金の使い方

成功のカギはお金の使い方

私は、生きるお金と死ぬお金を意識してお金を使うようにしています。

生きるお金と死ぬお金。極端な言い方ですが、ここでは、あえてこう表現します。

なぜ今回このようなことを話をするのか?

それは、自己満足や自己欲求にお金を使う人が多く、生きるお金の使い方に投資する人が非常に少ないと感じるからです。

生きるお金と死ぬお金の違い

live-money2生きるお金とは、自分自身や家族の健康、時間(スピード)、道具、さらに利益を生み出すものへお金を使う(投資)の事です。

死ぬお金は上記以外の、趣味や遊びに使うお金の事。

具体的には、高級な車・腕時計や・貴金属、贅沢な食事や旅行などの事ですね。

つまり、死ぬお金とは自己満足や自己欲求を満たすことにお金を使う事

このような事にお金を使い、ストレスを発散させることも確かに大切だと思いますが、順番的には生きるお金を使う事が望ましいと私は思います。

生涯で大きな差!貯蓄と生きるお金の意識付け

live-money3

資金が無かったらやりたい事業ができない!

10年前の弊社は、今ほどお金が潤沢ではなかったので事業を幅広くする事が出来ず、建物の販売だけを意識していました。

住宅は、土地と建物両方の総額になりますので、建物だけをどれだけ安くしようとしても100万円~150万円位が限界です。

当時の弊社の土地+建物の販売価格は、3000万円~3500万円位でした。

そこで、出来るだけ安く購入した土地の販売も扱うようになりました。

整地された分譲地ではなく、売りに出ている土地を交渉すれば、市場よりも200~400万円ほど安く買える事があります。

解体工事も造成工事もできるだけ費用を抑え、様々な方面で費用を抑える努力をすれば、土地と建物で500万円~600万円位安く販売することができます。

現在、弊社の土地+建物の販売価格は、約2000万円~3200万円で、幅広い価格帯となっています。

ちなみに、今までで1番安く販売した土地+建物の価格は1,890万円です。

費用を安くする事ができればお客様の幅も層も広がり、ビジネスチャンスが生まれますし、市場が広がれば、受注が安定します。

そして利益が残るようになれば、それを投資(生きるお金)に使う為に貯蓄をします。

土地を購入したり、開発に時間をかける場合にも、すべて資金が必要になります。

仮に、私が死ぬお金(つまり自己満足や欲求を満たす事)にお金を使っていたなら、資金が不足し、現在の受注数の3分の1のお客様は断念していたでしょう。

もしくは受注につながっていなかったかもしれません。

ローンで購入するか?貯蓄して購入するか?

プライベートでも一緒です。

例えば車を購入する際、ローンで購入しても、リースで購入しても金利をとられます。

車の営業マンは、月々の返済のことは教えてくれても、最終的に払う金利の事は教えてはくれません。

クレジット会社のマイカーローンは気をつけないと、とても高い金利になっています。

何度か、お客様の車のローンの計算書を見せて頂いた事があるのですが、16%~17%の金利を払っておられるお客様がいました。

このお客様の場合、車両本体が100万円だとしたら、5年で50万円弱の金利を払っている事になります。

支払う金利を計算する事はとても簡単です。

例えば5年ローンであれば月々の支払い額×60回で総額が出ます。

60回の総額-車の購入価格=支払う金利 が分かります。

100万円の車を購入し、月々の支払いが2万4,000円であれば2万4,000円× 60回= 144万円

144万円-100万円=44万円の金利を払うことになるのです。

お客様の購入意欲が低下するので、こんな事は車の営業マンは教えてはくれません。

 

ある方の話ですが、消費者金融でお金を借りている方がおられました。

50万円ほど借り入れをされているのですが、毎月の返済は1万円です。

返済明細を見るみると元金の返済が5,000円、金利が5,000円と明記してあります。

50万円借りて約50万円近い金利を返すことになるのです。

ローンで物を購入するのと、貯蓄をして物を購入するのでは、生涯を通じて大きな差になるのです。

小さな事からコツコツと!生きるお金(投資)の意識付け

サラリーマンの生涯賃金が平均で2億5000万円と言われていますが、そのお金はどこに行くのでしょうか?

個人だから投資などする機会もなく、お金を増やすこともできないと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、そんな事はありません。

前回の記事、リスクヘッジマネジメント(予防と実践)の大切さで予防接種の話をしましたが、仮に3,000円ほどの予防接種を惜しんでインフルエンザにかかったとします。

パートで働いている方であれば、1日6,000円のお給料を貰っていたと仮定して、6日休めば3万6,000円のマイナスになります。

また、収入減に加えて治療代も必要になりますよね。

私の場合、自分の健康への投資として、サプリメントを摂るようにし、筋力トレーニングとストレッチを取り入れ、手洗いうがいを心がけているので、ここ4~5年ほどは風邪で休んだ事がありません。

健康管理をしっかりおこなって休む日が少なくなれば、貰えるお金が増え、貯蓄金額も違ってくるはずです。

 

また、私は物を購入する際、必ず下調べしてから購入します。

下調べをすることによって、安く・賢く購入する事ができるからです。

小さい事ですが、これらも生きるお金(投資)の1つになります。

まとめ

会社では、決算書や収支表、家庭では、家計簿をつけます。

会社では、売り上げから経費を支払い、残ったお金が計上利益。

家庭では、給与から生活費を支払い、残ったお金が貯蓄額です。

どちらも何にお金を使い、どのような無駄があるのかを知りその無駄をなくすのがつけている目的です。

会社も家庭も同じで、収入-支出=貯蓄ではなく、収入-貯蓄=支出、で計画を立てなければ、いつまでたってもお金はたまりません。

そして貯まったお金を、どれだけ生き金に使うことができるかが、勝ち組と負け組の分かれ道になる。

正しい工務店経営をすれば、必ず業績はあがります!

生き金と死に金をしっかり仕分けて、工務店経営を成功させましょう。

 

JCCA(日本合理化住宅協会)体験セミナーのご案内

住宅業界の常識を覆す、新たな戦略と提案!
現代版ローコスト住宅だから出来たこと!

もうこの時代、新築物件なんて、売れない?
そう思っているのは、あなたが本当の現代版ローコスト住宅を知らないからかも知れません!