2.+α(プラスアルファ)の空間って何?

弊社の建物は、標準でロフトがついています。

ロフト

これらの事を、弊社では、+α(プラスアルファ)空間と呼んでいます。

3.間取りの特許も取得(税金・建物販売価格)の削減

 

間取りの特許も取得

 

何十年もの間、過去に引き渡した住宅に、実際お住まいのお客様の意見を取り入れることにより、

理想的なレイアウトコード(間取りの設計原則)を開発。

間取りの特許を取得しました。

その他、現在も出願中の商品もあります。

弊社の商品は無駄を省き便利さと使いやすさ特化した商品です。

ある程度の居室の広さを確保しながら、+α(プラスアルファ)の部屋収納を確保し、徹底的に無駄な部分を省くことにより

建物販売価格の削減、固定資産税の削減につながっています。

 

4.材料等は直接仕入れしています

 

建築に使用する材料等は、メーカーや問屋から直接仕入れています。
直接仕入れることにより、中間マージンなどの中間コストを省き、コストの削減をおこなっています。

材料等は全て直接仕入れ

5.直接仕入れ・直接施工

いわゆる丸投げ、というようなことを弊社では一切いたしておりません

ほぼ、すべての材料を直接仕入れ、職人さんに供給。
現場の職人さんには、弊社の仕様書と指示にしたがって施工をしてもらっています。

直接運営・直接施工

これらにより、かなりのコスト削減ができています。
コストカット内容の20%ぐらいが、直接仕入れ直接施工、オリジナル部材開発に伴うものです。

 

6.オリジナル部材の開発

自社独自の部材(オリジナル部材)開発

普及品を加工してオリジナル部材としています。

もともと、普及品のものを利用しているので、品薄になることがなく、コスト削減につながります。

又、普及品を多く仕入れることで、コストダウンにつなげています。

 

7.年間の施工棟数を多くする

年間の施工棟数

 

上記の方法プラス、メーカーや仕入先に、ある程度年間の受注の約束をし、大量に仕入れることを約束します。

ある程度、商品を限定し、大量に受注する事で、リーズナブルな価格で提供していただき、販売価格に反映しています。

これらの合理化によりコストダウンをしていますが、年間に30棟以上施工していますので、

エアコンカーテン照明(LED)標準仕様にしています。

追加工事が必要ない余分な費用が掛からないそんな住宅の開発に日々取り組んでいます