信念を持って事業をおこなった結果、私が得たもの

想像して取り組んだ事業の成果や結果は、ほとんど予想通りにはならない。

と言うことをつくづく感じます。

そして既成概念や常識に囚われないでどんどん想像していき発展していくことがいかに大切か、企業の発展にどれだけ大切かが身に染みてわかってきました。

新しい試み 在宅スタッフの採用

日本合理化住宅協会(JCCA)を発足し、ちょうど8年目になったころのこと。

「今後はITの時代になるので、IT事業を取り入れていかなければならない!」

漠然とそう思いたちましたが、我々のような零細企業には「人」「モノ」「金」すべてありません。

だから他社がやらないような人事の採用しなければならないと思い、在宅スタッフの採用を思いつきました。

 

しかし、在宅スタッフの勤務体系や指示体系など、すべてが手探り状態でのスタートです。

最初は数人の在宅スタッフの間に縦のつながりしかなかったため、意思の疎通が上手く図れなかったり、様々なトラブルが起きたりもしました。

それでも、在宅スタッフに横のつながりを持たせることで仕事の効率をよくしたり、意見を吸い上げやすくしたりと改善を重ねていきました。

そして信念を持ち前に進み続けた結果、すべて順調にいき、現在はJCCAに関するWEB業務やDTP業務を在宅スタッフで運営しています。

在宅スタッフ

JCCAの運営は自分自身の成長にもつながる

日本合理化住宅協会(JCCA)では、指導をしてお金をもらうということだけではなく、指導することの難しさを知ることができました。

また、指導をすることによって自分のセールスや経営の仕方がより洗練されていくことを知りました。

どうすれば加盟店が簡単に契約を取れるか?
どのようにすれば早く結果を出せるか?

を考えたことによって、自分のセールスの仕方が進化していきました。

 

JCCAの研修のレジュメをつくり直すたびにセールスを見直し、合理化の仕方を見直すことで成長できる。

まさか指導をして自分自身のセールスが洗練・進化していくなどとは考えてもみませんでしたし、研修のためにレジュメをつくるまでは自分自身のセールス方法を振り返ることはあまりありませんでした。

 

「人に教える」ということは自分のノウハウをしっかり整理する、ということ。

どのような提案の仕方が有効か?などをしっかり文字にすることで、自分自身のセールスを整理し再確認することができたのです。

加盟店への指導は難しい一面もありますが、それを乗り越えることで自分自身の成長にもつながり、JCCAの提供するサービスの向上にもつながっています。

成長とは実務を体験し知識をつけること

JCCAの活動をする前からわかってはいたのですが、指導をしていて指導先から学ぶことは多々あります。

医者、弁護士、会計士、設計士に至るまで、先生と呼ばれる業種はクライアントから学んでいることが非常に多いです。

考えてみればほぼすべての業界の人が現場を通して実務を体験し、知識をつけていきます。

よくよく考えるとお金を貰いながら知識をつけているのですからひどい話なのですが、誰しもがそうやって一人前になっていきます。

そう考えると、クライアントやお客様は先生のようなもの。

時には一筋縄ではいかない先生もおられますが、その時はよりわかりやすく説明するためにどうすればいいか?という勉強をさせてもらっている、ということですね。

JCCAがきっかけで広がった事業

ちょうど2年ほど前に、三重県桑名市にホームバンクという工務店を出店しました。

JCCAの活動がきっかけとなり、県外に出店することができたのです。

他にもJCCAがきっかけでコンサルタント会社や様々な会社との付き合いなどができ、想像以上の収穫がありました。

JCCA活動する中でどんどん指導先が増え、様々なビジネスモデルが出来上がってきました。

また、崖っぷちの加盟店を救うというミッションも達成できたので、今後は企業再生等を意識するような事業もしていきたいと思います。

広がる事業

新たな事業を通して見えてくるもの

今後、企業再生等に取り組んでいった場合、どうすれば成功し継続して会社が発展し続けることができるか?

これを考えれば、事業承継や10年後20年後会社の引き継ぎも見えてきます。

既成概念や固定観念を越えていくには、年齢に対する考え方を変えていく必要があります。

 

先ほど紹介したホームバンクの部長は現在60歳を超えています。

そして会長が70歳半ば、宅建主任も60歳超えて70手前です。

そこで働く大工さんなども、60代70代と、その年代の方々が今も現役の大工として活躍しておられます。

 

60歳を超えている彼らですが、仕事の能力は未だ高いですし元気です。

頼りにもなりますし、ベテランならではの知識もあります。

世間一般ではまだまだ55歳で定年とか60歳で定年がスタンダードですが、そんな現実に耳を疑います。

 

なぜ貴重な労働力をなくしてしまうのか? 蓋をしてしまうのか?

長い目で物事を見るのも大切ですが、固定観念や常識に囚われて可能性に蓋をしてしまう事は非常にもったいないことです。

もう無理?きっとできない?歳だから?周りがそうだから?今までがこうだったから?

昔の尺度で話をすることが、もうすでに固定観念や既成概念にとらわれているということです。

 

例えば、年金制度が始まった59年前は平均寿命が65歳前後でしたし、それより以前の70年前は平均寿命が50歳と短かったのです。

なので、定年になってから10年後に平均的な寿命を迎えると想定されて年金制度を作ったのでしょう。

ですが現在の平均寿命は男女とも80歳超え。(厚生労働省発表の2015年簡易生命表概況より)

そんな時代に作った年金制度や定年制度を、現在も当たり前のように使い続けていることが実はおかしな話です。

 

日本人男性も2015年度では平均寿命が80歳を超えましたし、女性はなんと平均寿命が87歳です。

現在は少子高齢化で子供がなかなか増えず、今からなんらかの画期的な対策をしたとしても、若者世代の労働力が増えるようになるまでは、早くて20年30年かかります。

であれば、労働力の確保のため定年を70歳から75歳まで引き上げるのが当然だと思います。

年金がどう考えても不足しているのであれば、60歳を超えて労働し続ける人には年金を支払わない代わりに所得税を通常の半分、もしくは3分の1にするような法案を出しても良いと私は思います。

 

今後の企業再生等の新しい事業への挑戦も見据えながら、非常識を常識にするような取り組みをどんどん繰り返して、これからも会社の発展を目指していきます。

挑戦

 

JCCA(日本合理化住宅協会)体験セミナーのご案内

住宅業界の常識を覆す、新たな戦略と提案!
現代版ローコスト住宅だから出来たこと!

もうこの時代、新築物件なんて、売れない?
そう思っているのは、あなたが本当の現代版ローコスト住宅を知らないからかも知れません!